HIGHWAY

高速道路規制

ROAD SIDE REGULATION

OUTLINE

難易度の高い高速道路規制こそ
お任せください

高速道路の中でも、複雑なカーブや急勾配・路肩の狭いエリアが多く、規制の難易度が高いといわれる「中央自動車道」。そんな中央自動車道を始め、作業面・安全面において高度なスキルが要求される高速道路の規制を、当社は数多く積み重ねています。現場を牽引するのは、規制のプロとしての知識と高度な技術を持つ「セイフティー・コントローラー(SC)」。高速道路を走行する一般ドライバーの目線に立った誘導で、安全かつスムーズに規制を設置し、安心して作業いただける現場を実現します。また、規制開始前には、必ずお客様と共にその日の行程を確認。スタッフ全員が参加することで、互いの認識を合わせると共に、一人ひとりの安全意識の向上にもつなげています。

FLOW

  • 01
    お客様と
    打ち合わせ

    規制内容について打ち合わせし、作業の内容や手順を確認します。

  • 02
    自社にて
    打ち合わせ

    担当スタッフ同士で人員配備や使用器材、行程を確認します。

  • 03
    現場移動
    規制設置

    発煙筒を焚き、上流監視員を配備、矢印板・コーンを設置します。

  • 04
    誘導

    作業車の出入口や手順をお客様と再確認し、適宜誘導を行います。

  • 05
    規制撤去

    交通量の増える夕方までには作業を終えます。

  • 06
    現場離脱

    原状復帰できているか・器材の置き忘れがないか確認します。

  • 07
    お客様に
    ご報告

    作業時の気づきを自社で振り返り、元請け様に報告します。

TRAFFIC LANE REGULATION

OUTLINE

規制のスペシャリストが
迅速・安全に車両を誘導

通常、路肩規制は規制車1台、作業員2~3名で作業を行いますが、車線規制は規制車2~3台、作業員も8~9名と増員します。車線規制は一般車の流れを減少させて行うため、より難易度が高く、迅速な作業と高い安全性が要求されます。そのため、地形や道路の状況に応じて人員配置を変えたり、ドライバーの目線に立って規制の配置や誘導方法を調整したり、さまざまな現場から得たリスク回避の経験を活かし、確かな安全の確保に努めます。
また、こうした当社の実績をお客様のノウハウにも変えていただくため、現場で感じた危険やリスクはお客様にも逐一共有しています。そうすることで、すべての現場の安全性が高まり、お客様の安心創造により貢献できると考えています。

FLOW

  • 01
    お客様と
    打ち合わせ

    規制内容について打ち合わせし、作業の内容や手順を確認します。

  • 02
    自社にて
    打ち合わせ

    担当スタッフ同士で人員配備や使用器材、行程を確認します。

  • 03
    現場移動
    規制設置

    発煙筒を焚き、上流監視員を配備、矢印板・コーンを設置します。

  • 04
    誘導

    作業車の出入口や手順をお客様と再確認し、適宜誘導を行います。

  • 05
    規制撤去

    交通量の増える夕方までには作業を終えます。

  • 06
    現場離脱

    原状復帰できているか・器材の置き忘れがないか確認します。

  • 07
    お客様に
    ご報告

    作業時の気づきを自社で振り返り、元請け様に報告します。

CONTACT

ご希望日程をお聞かせください!
即日回答いたします!

お電話でのお問い合わせ

0568-32-8191 (平日9:00-18:00)

メールでのお問い合わせ

今すぐ問い合わせる