FAQ

よくある質問

REGULATION

Q.規制図面の作成からお願いできますか?
A. はい、ご対応いたします。

お客様で規制図面がご用意できない場合は、ご相談いただいた内容を基に、当社で図面を作成することが可能です。たくさんの実績の中で培ったノウハウを活かし、お客様の現場・作業内容に最適な図面をご提案しますので、ご安心ください。

Q.警察申請書類なども代行して
もらえますか?
A. はい、代行可能です。

交通規制を行う際は、現場を管轄する警察署への許可申請が必要となります。その際に提出が求められる許可書や規制図面などの書類作成は、当社がすべて代行いたします。ご提出のみ、お客様にお願いしています。

Q.資器材の手配も一緒にお願いできますか?
A. はい、お任せください。

当社では、自社倉庫に矢印板やコーンなどの資器材を幅広く保有しており、一括してご用意することが可能です。そのため、お客様は規制スタッフと別に資器材を手配する必要がなく、発注時間を短縮できます。また、オリジナルの看板製作にもご対応しているほか、資器材のみの販売・レンタルサービスも行っていますので、必要があればお気軽にお問い合わせください。

Q.規制の発注から実施までの流れを教えてください。
A. 主な流れは以下の通りです。

高速道路規制、一般道規制、片道や路肩など、道路の種類にもよりますが、主な流れは下記の通りです。
(1) 元請け様と打ち合わせ→(2)図面を基に事前準備→(3)現場移動・規制設置→(4)再確認・作業開始→(5)規制撤去→ (6) 現場確認→ (7) 振り返り・報告
それぞれの内容については、高速道路規制一般道路規制のページにて詳しくご紹介していますので、ご覧ください。

Q.規制のスタッフ体制を教えてください。またどのようなスタッフが規制業務を行いますか?
A. 各隊に規制の
スペシャリストを配置します。

セイフティ・コントローラー(SC)という規制のスペシャリストを、各部隊に最低1人は配置して規制業務を行います。SCは、社内教育や豊富な現場経験により、安全への高い意識と規制の確かな技術を身につけた人材で、隊員を的確にマネジメントしながら、現場作業を安全かつスピーディーに進行します。

ORDER & INQUIRY

Q.どんな場所、どんな内容の規制実績がありますか?
A. 主な実績は以下の通りです。

高速道路関連では、難易度の高い中央自動車道をはじめ、東名阪自動車道・北陸自動車道トンネル・東海環状道など、一般道路関連では名四国道、飯田管内三遠南信道、三重河川国道などで規制を行っています。作業内容としては、橋梁検査、照明設備点検、自動車ナンバー自動読み取り装置設置・点検、橋や歩道橋の修繕などがあります。詳細な実績名については、会社情報のページをご覧ください。

Q.急な道路工事で規制が必要になったのですが、対応してもらえますか?
A. はい、まずはお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせいただきましたら、ご対応できるかどうかスタッフの状況を確認し、即日回答いたします。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

Q.まだ規制の種類や方法が決
まっていないのですが、相談
に乗ってもらえますか?
A. もちろん可能です。
お気軽にご相談ください。

道路規制の全方位をカバーできるプロフェッショナルとして、規制方法のご提案や図面作成など規制業務の上流工程からご相談をお受けしています。
また、難易度の高い現場での規制実績も豊富なため、さまざまな現場状況に応じた確かなご提案が可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

ご希望日程をお聞かせください!
即日回答いたします!

お電話でのお問い合わせ

0568-32-8191 (平日9:00-18:00)

メールでのお問い合わせ

今すぐ問い合わせる